ThinkSpace鎌倉 利用規約(都度利用)

ThinkSpace鎌倉 利用規約(都度利用)

Think Space鎌倉 利用規約(以下、本規約)は、株式会社アールディレクション(以下、当社)が運営する「Think Space鎌倉」のコワーキングスペース(以下、当施設)の利用について定めるものです。 本規約を確認の上同意し、ご利用をお願いいたします。

第1条(コワーキングスペース)
  1. 当社が運営する「Think Space鎌倉」の1階全室、2階バスルーム・キッチン・ROOM-A・ROOM-Bをコワーキングスペースといいます。
第2条(利用者)
  1. 当施設の利用希望者は、弊社が指定する手続きに基づき、本規約を承諾の上、利用申し込みを行うものとします。
  2. 本規約における利用者とは、前項に基づく利用申込みに対し、当社が承諾した者とします。なお、当社は当社の判断により当該申込みに対し審査を行い、承諾しないことができるものとします。
  3. 当社は、前項に定める審査結果の如何にかかわらず、申込者が提出した書類を返却することを要しないものとします。
  4. 利用者は、本規約ならびに当社の定めるルールを遵守しなければなりません。 
  5. 利用者は、利用者として有する権利を第三者に貸与及び譲渡することはできません。
第3条(利用可能日時および利用可能エリア)
  1. 当施設の利用可能日時および利用可能エリアは下記のとおりです。
    • ワーケーション・ドロップイン
      利用可能日時:当社が定めた予約可能日の8:00 – 21:00
      利用可能エリア:1階全室ただし「囲炉裏の間・畳の間」貸切利用中は土間のみ利用可能
              2階「バスルーム」
    • 「囲炉裏の間・畳の間」貸切利用
      利用可能日時:当社が定めた予約可能日時
      利用可能エリア:1階「囲炉裏の間・畳の間」および2階「バスルーム」「キッチン」
    • 「ROOM-A」貸切利用
      利用可能日時:当社が定めた予約可能日時
      利用可能エリア:2階「ROOM-A」「バスルーム」「キッチン」
  2. 今後の運用状況により、利用可能日時および利用可能エリアを変更することがあります。
第4条(ワーケーション・ドロップイン、囲炉裏の間・畳の間貸切利用、ROOM-A貸切利用)
  1. ワーケーション・ドロップイン利用希望者は、第3条の定めに基づき、利用可能日時において利用日の前日までに別途申込みを行う場合に限り、当施設内の利用可能エリアを利用することができます。
  2. 「囲炉裏の間・畳の間」または「ROOM-A」貸切利用希望者は、第3条の定めに基づき、利用可能日時において利用日の前日までに別途申込みを行う場合に限り、当施設内の利用可能エリアを貸切で利用することができます。
  3. 利用者は、当社が定める利用料を支払い利用するものとします。なお、支払方法については、利用日当日までに、現金、クレジットカード等、もしくは利用日全日までに当社所定の口座に銀行振込にてお支払い頂きます。
  4. 利用者は、利用申込のキャンセルを行う場合は、当社まで電話もしくはメールにてキャンセル申込を行う必要があります。利用日の前日にキャンセル申込をいただいた場合は利用料の50%、当日にキャンセル申込をいただいた場合は利用料の100%を、利用日から1週間以内に、当社所定の口座に銀行振込もしくは現金等でお支払い頂きます。
第5条(消費税率又は地方消費税率の変更)
  1. 利用者は、消費税率又は地方消費税率が変更になった場合、その税率が施行される時から自動的に当該変更後の税率に従って、本規約において定める料金に係る消費税および地方消費税が変更されることに、予め同意するものとし、その他の税込価格についても同様とします。
第6条(利用制限及び利用の一時的な中断)
  1. イベントの開催や団体利用、撮影・取材、工事等の事由により、一時的に利用時間の短縮、利用の中断、利用制限を行う場合があります。
  2. 下記の事由により、事前に告知すること無く、やむを得ず一時的に利用の中断や制限を行う場合があります。この場合、利用者に発生した損害に対し当社は一切の責任を負いません。 
    • 設備の臨時保守、臨時点検、臨時修理などを行う場合
    • 火災・停電等の事故により利用が出来なくなった場合
    • 天変地異、テロなどにより利用が出来なくなった場合
    • その他、予期せぬ事由により利用の中断等をせざるを得ない場合
第7条(サービス提供の終了)
  1. 当社は、利用者に対し、事前に通知することによって、当施設の全部又は一部の提供を終了することができます。
  2. 利用者は、当社が前項の規定に従い当施設の提供を終了する場合、当施設の停止に伴い発生した損害の賠償、その他一切の請求をできないものとします。
  3. 当社が本条第1項の規定に従い当施設の提供を終了する場合、同条同項で定める通知がなされた日が属する月の翌月末日をもって、当施設の提供は終了するものとします。
第8条(当施設内での禁止事項)
  1. 当施設内では下記の行為を禁止します。
    • PCからの音声出力、携帯電話、スカイプ、打ち合わせ等で、ほかの利用者の作業を妨げるような大きな音を出す行為
    • 衛生上有害な、もしくは危険な行為、又は他の利用者の迷惑、妨害となるような営業その他の行為
    • 危険物及び重量物の持ち込み
    • 公序良俗に反する物、他人に不快感を与える物の持込み
    • 喫煙、キッチン以外での火気使用
    • 当社の許可なく利用時間以外に利用すること、および宿泊すること
    • 法令や公序良俗に反する活動
    • 暴力団関係者及びそれに関する活動
    • 布教活動・宗教活動・政治活動・違法なセールス、悪質な勧誘を目的とした活動
    • 政治上の主義を推進し、支持し、又はこれに反対する活動
    • その他、当社が不適切と判断した行為
第9条(損害賠償)
  1. 利用者は、その責に帰する事由により使用したデスク、イス、その他設備を毀損し、又は滅失したときは、直ちに当社に届け出るものとします。
  2. この場合において、利用者は、損害を賠償しなければなりません。
  3. 利用者は、本サービスの利用に際し、もっぱら自己の責に帰すべき事由により当社又は他の利用者に損害を与えた場合には、自らの費用と責任において解決にあたるものとし、当社には一切迷惑をかけないものとします。
第10条(免責)
  1. 次の事項に関して利用者に発生した損害について、当社は責任を負わないものとします。
    • 利用者の貴重品を含む所持品についての盗難・破損
    • 利用者同士もしくは第三者との間で発生した事故やトラブル
    • インターネット接続によるウイルス被害、エラーや不具合、個人情報および機密情報の漏えい、その他インターネット利用に関連するトラブル
    • 第6条による利用中断、利用中止
第11条(本規約の変更)
  1. 本規約は当社が必要に応じて変更することがあります。変更後の内容については やかに周知のうえ、適用するものとします。
第12条(協議事項)
  1. 本規約の解釈に疑義が生じ、又は本規約に定めのない事由が生じたときは、当社および利用者は、協議の上、解決するものとします。
第13条(管轄裁判所)
  1. 本サービスに関する一切の訴訟は、訴額に応じて、鎌倉簡易裁判所または横浜地方・家庭裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【2021年1月1日 制定】